いつでも元気!筋肉痛にはこれが効く

健康の問題で起きる筋肉痛の対応

いつでも元気!筋肉痛にはこれが効く
学生時代に、初めて体育会系のクラブ活動に入ったことがありました。それまで運等と言いますと体育の授業などでしかしていませんでした。体育の授業も楽なものではないですが、ヘトヘトになるようなことはありません。それがクラブ活動では、初日からトレーニングをさせられた記憶があります。腕立て伏せであったり、腹筋といった基本的なものから、電気椅子と呼ばれる独特のトレーニングがありました。これは壁にもたれるのですが椅子があると思って、腰を下げていき、その状態を維持するものです。しばらくすると、太ももが痙攣を起こすぐらいに震えてきます。それぐらい筋肉を使っているのでしょう。今ではあまり良くないトレーニング方法としてさけられることもあります。

学生時代においては、筋肉痛といいますとその次の日に起こることが多かったです。クラブ活動の翌日も全身が痛かったのを覚えています。しかし、その後は徐々に慣れてきます。その筋肉を使うようになると、痛まなくなるのでしょう。、メカニズムとしては、あまり使っていない筋肉を急に激しく使うとなると言われています。激しさによって、出てくるまでの日数が異なるようです。激しさが大きいとすぐに出るのですが、あまり激しくない時は、少し遅れて出るようになります。30歳ぐらいになって突然運動をしようとすることがあります。このときに、翌日には痛みがないのに2日後や数日後に痛みが出てくることがあります。この時は、あまり激しくなかったからとなります。

健康のことを考えると、痛みのあるときにどうするかになりますが、無理をしないのが一番です。特に、年齢が高い時には痛みが取れるのを待つのが良いでしょう。そしてその後にトレーニングをした時には、筋肉の方はある程度慣れてきてくれます。痛みもそれほど出ないことがあります。痛みが出ていないのであれば、継続して行っても問題はありません。強い痛みが続く場合などは、単純なものだはないこともあるので、病院に行くのが良いです。

Copyright (C)2018いつでも元気!筋肉痛にはこれが効く.All rights reserved.